図解☆うちのこ辞典

♡♡♡一次創作の人物、世界観の事と、その絵と、自分メモ

« 06.2018123456789101112131415161718192021222324252627282930»

--.--.--(--) 【スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.24(Thu) 【いろいろ

コミティア参加レポ、そしてピアスホール

☆拍手、コメント、ありがとうございます。わーいうれしい!
 きもちよい身体が描けたらなあ。いいなあ、がんばって意識したい…

johannette40.jpg

先日から開けたいな~と言ってたんですが、とうとうピアスホールを開けました!
とってもチキンハートなので、事前にいろんな人に、痛くない?痛くない?と聞きまわってた
みんな、「いたくないよ~ちょっとジンジンするくらい」と、言っていました。
それなら平気かな…と思って、ピアッサーを買って、無料で穴あけしてくれるとこ(斑さんに教えてもらった!)に、行ってみました。自分ではできない…こわくて…

そして
johannette41.jpg


痛かった
ふつうにあのくらいの太さのものをバネの力で耳たぶに刺された痛みがありました
まあ当然っちゃ当然なんだけど…痛くないって嘘じゃん!痛いじゃん!う、うわー!
まあ、過ぎてしまえばもう痛くはないんですが。
耳たぶにものが刺さって貫通してるというショックで、身体がガクガク震えるわ歯の根は合わないわ
私は多分通り魔とかに切りつけられたら軽傷でもショック死すると思う 驚きで
でも、これでかわいいピアスが、お耳に付けられます!(どうせ髪の毛であんま見えないけど!)
わーいうれしいな。衛生管理に気をつけよう

10月20日、まどらにひっついて、COMITIA106に参加したよ。
続き、かるく、レポートです
主に私が情けなかったっつー話…

1_201310240012237fd.jpg

まどらはマドカなんだけど、私はついついまどらって呼んじゃう
まどらは文章書きだけど、時にはお面を彫ったり、切り絵をしたり、器用です。
私は彼女の詩や小説がとてもすきです。うふふ…
今回、はじめてのサークル参加とのことで、私が売り子でちゃっかりと付いて行きました。
まどらは軽やかに傘を忘れてきました。しっとり河童。

2_20131024001225ce1.jpg

私はここ最近、二週間くらい、どーもフラフラしています。視界が変になったり平衡感覚が変になったり
軽く離人感もあったり、集中力がびっくりするほどなくなったり、症状が非常に流動的で、大丈夫な時はぜんぜん大丈夫なんですが…ダメな時はけっこうダメです
そんなこんなで、終始グラグラしてたんだけど、まどらがお手手つないでくれたり、腕組んでくれたりしたので助かった。
ゼリはせいぜい設営と、お買い上げいただいたものを作ってクラフト封筒に入れるくらいさ!

816328281.jpg


こんなかんじ!
作品はみんな手製本で、とってもかわいい装丁 中も実に凝っています
文章作品って装丁ほんと大事だなーって思いました。かわいくて、あら、と立ち止まってくれる人、やっぱりいるね 視覚で訴えるセンスって、大事だね…
お知り合いが、たくさん来て、遊んでくれました。
私の存じてる方では、伊熾さん、馬さん、えなかさん、斑さん、彼方さん、鈴豆さん…他にもいろんな方が、立ち寄っては、まどらの本を迎えていきました。うれしいね。
馬さんはたいへん背が高くて手がでかい。私は手が小さくて、大きい手を描くのがとても苦手です。だからよーく見せてもらった。みんなで馬さんの手をこねくりまわしたよ!
私もちゃっかり差し入れを頂いてしまったりした。ありがとうございます。もぐもぐおいしい。

まどらの本が途中売り切れそうになってしまったので、途中で増刷していました。
材料があれば作れるのが手製本のいいところ。しかし、紙とか買って印刷して、綺麗に製本すれば、
こんなにちゃーんと可愛いのができるんだなあ。すごいなあ…

後半、まどらのお友達が来て、スペースのお留守番をしてくれるというので、
その隙に、まどらとゼリはお買い物に行った。
おくにさんのスペースや、ヨッカさんのスペースや、咲織さんのスペースに行っては、「ぜんぶくれ」と言って、本を掻っ攫いました!やったー!いつもお世話になっております!
アクセサリーを見たりして、私はまだ穴も開けてなかったのに、ピアスを購入しました。かわいーい

そんなこんなで、ご本も完売、会場の撤収をてつだって、COMITIA106を終えました。
たのしかったね。
まどらと私はたまに融合しました。あとくすぐられたりして、キャッキャウフフだ!

家に帰ってゆっくりして、まどらの本を読みました。
詩の作品が、様々なかたちのお皿に乗っていて、それを楽しみながらゆっくり食べているような感覚になりました
オリーブや、小さいトマトや、チーズやら何やらがたくさん入っているサラダのような
食事を楽しむという事が私はあまり上手ではなくて、作業みたいになってしまうんだけど
とくべつなお皿に、おもしろい、楽しい、悲しい、虚しい、切ない野菜が盛られていて
ひとつひとつフォークに刺して、まじまじと眺めながら、口に運んで、香りや味を楽しむような
久しぶりにそんな風にしたなあ、と思いました。
またまどらが本を作るといいなあ。小説も読みたいな

ほとんど私信になったところで、こんなコミティアでした。楽しかった!
私も出たい。出たい。出よう。がんばります。


thread : 創作・オリジナル janre : アニメ・コミック

tag : Ruzicka.ヨハネッタ メモ.考え事

COMMENT

COMMENT FORM


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

植田院

Author:植田院
・10月15日爆誕
・うちのこだいすき
・よそのこだいすき
・和モノだいすき
・洋モノだいすき

カテゴリ

作品別タグ

きたひと

検索フォーム

リンクとか

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。